シーテックバッテリーチャージャーでの訪問

私のホームページにお越しいただいて、ありがとうございます。

検索エンジンで訪問していただいているお客様のダントツが
シーテック(CTEK)のバッテリーチャージャー&メンテナーです。
カーバッテリーの充電器を購入を検討されている方!!
シーテックの充電器を検索されている方に!!

 

やはり、シーテックのバッテリーチャージャー いいです。

何がいいかって、下記です。

 

ステップ1 ディサルフェーション:バッテリーは、電解液中の硫酸と電極の鉛が
結晶化したサルフェーション(硫酸鉛)が電極版に必ず付着してきます。
この状態を分析して電極にパルス波を流し、サルフェーションを
分解して電解液に戻すことでバッテリーを健康に
していきます。

ステップ2 ソフトスタート:バッテリー電圧が設定値以上に上昇するかテストします。
不適合の場合には充電プロセスが中止されます。
このステップを行うことで破損バッテリーへの危険な充電を防止します。

ステップ3 定電流充電:メイン充電ステージです。
ユニット最大出力で80%程度まで充電が行われます。

ステップ4 吸収充電:充電終止状態まで一定の電圧を送り、丁寧に充電を仕上げます。

ステップ5 分析:バッテリーの自己放電をテストします。電圧低下が著しい場合には、
バッテリー不良と診断されますので、交換する必要があります。

ステップ6 再調整:リコンディショニング(再調整)モードを選択した場合、
このモードがステップに追加されます。強めの電圧で再活性を促して
バッテリー容量を回復しようと試みます。バッテリー内で制御範囲内
に発生させたガスでバッテリー液を対流させ充電能力を回復させます。

ステップ7 維持充電:フロート(維持充電)は長く続けると比重のばらつきや
過充電の危険があるため10日間に限定されます。

ステップ8 パルスメンテナンス:バッテリー電圧を監視し、
電圧が95%以下になるとパルス充電を行い、長期にわたり安全に満充電を維持します

受け売りですが、充電完了しても繋ぎっ放しにできる点。
繋ぎっ放しにしても、バッテリーに負荷がかからない点です。

繋ぎっ放しにして、バッテリーの寿命が延びま~す。

バッテリーの充電をしたあとでは、音色の張りもちがうーーーーーー。

充電ができる環境にある方は、バッテリーの寿命のために最低4半期に一回(3カ月に1回)は充電しましょう。

保存

カテゴリー: 充電器 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA